乳首の黒ずみはどう対処する?自宅orクリニック

乳首の黒ずみはどう対処する?自宅orクリニック

ちくびピンク

 

乳首の黒ずみに悩んでいる女性は多いと思います。

 

加齢や妊娠、出産などにより黒ずんでしまった方向けに自宅でも簡単に出来るケアを紹介します。

 

黒ずみに効く成分は、ずばりヨーグルトなんです。ヨーグルトは食べるだけではなく、パックにも使われています。

 

ヨーグルトは栄養豊富で、ホエイや乳酸菌、フルーツ酸が含まれていて、それらの成分には肌の黒ずみを取り除く効果があります。

 

ヨーグルトに含まれるフルーツ酸が古い角質を除去し、角質を柔軟にして新陳代謝を整え、ホエイが乳首の美白効果になります。

 

乳首のヨーグルトパックはとても簡単で、プレーンヨーグルトを水切りして、乳首に塗り、上からラップをして10分ほどしてから洗い流すだけです。

 

ヨーグルトパックは美白だけでなく、乾燥やシミ、くすみにも効果があります。

 

乳製品にアレルギー のある方はこの方法はお勧め出来ません。

 

そんな方はヨーグルトパックよりお金がかかりますが、市販の乳首をピンクにするクリームやジェルをお勧めします。

 

黒ずみの原因はメラニン色素ですので、それを除去する化粧品を選ぶのが無難です。

 

美肌にいいとされているプラセンタが配合されているクリームがお勧めで、メラニン色素を作り出す活性酸素を除去し、新陳代謝をアップさせる働きがあります。

 

プラセンタ配合の化粧品は他の商品よりも高めですが効果はあります。

 

最近、肝斑の治療薬としても知られるようになったトラネキサム酸も美白効果が期待されていて、乳首の美白に効果があります。

 

 

自宅でケアをする方法もありますが、一番効果がある乳首の黒ずみ対処法は皮膚科やクリニックでの治療です。

 

レーザー治療、クリームを塗って美白する方法があるようですが、レーザー治療はメラニン色素除去効果が高く、一番短期間で乳首の黒ずみを対処出来ます。

 

治療時間も短く、手術などではないので、施術後も当日入浴も可能です。デメリットとしては、何度かクリニックに通わなくてはいけないのと、費用が1回で何万円もかかる事です。

 

レーザー治療に抵抗がある方は、医師に相談すると美白クリームなどを処方してくれますのでご自身に合った方法を選ぶと良いと思います。

 

 

お金をあまりかけたくないというのであれば肌に優しい成分でできている乳首の黒ずみクリームがオススメです。

乳首をピンク色にする