乳首の黒ずみにハイドロキノンが効果あり!副作用と危険性に注意

乳首の黒ずみにハイドロキノンが効果あり!副作用と危険性に注意

乳首をピンク色にする

 

どうにもならない乳首の黒ずみに悩む女性は意外と多いものです。なかなか他人に言えない悩みである上、一般的にその原因や改善方法も語られることがないという現実も。

 

乳首の黒ずみの原因は、メラニン色素です。

 

紫外線などで発生するシミ、そばかすと同じ理由で、外界からの摩擦や刺激されると、肌のバリア機能が働き、メラニンが生成されます。

 

乳首は、殆ど紫外線に当たることはありませんが、摩擦によってメラニンが発生したり、また女性ホルモンのバランスによっても黒ずみができることが分かっています。

 

通常は、肌のターンオーバーと共に、メラニンは剥がれ落ちて、通常の肌色に戻っていきますが、代謝が悪かったり、身体のめぐりが滞っていたり、また乾燥などの理由で肌のキメが乱れていると、どんどんメラニンは蓄積されていきます。

 

美白や黒ずみには、ハイドロキノンという成分が効果的です。

 

ハイドロキノンは、肌の漂白剤とも言われるほど、強力な美白効果を有しており、ビタミンC誘導体などの従来の美白アイテムと比べ、100倍近くの美白効果と即効性を持つとも言われています。
一方で、容量や使い方を誤ると、肌のトラブルを招きかねないので注意が必要です。

 

一般的に売られている乳首の黒ずみクリームなどに比べ、肌への刺激が強い為、直接乳首に湿布すると、赤味や炎症が起こることがあります。

 

もともと乳首は、敏感で、皮膚が薄いが故に、メラニンが発生する場所です。

 

ハイドロキノンやトレチノインなど、漂白作用あるものは、皮膚の他の部分で試し塗りをした後に、使用するようにしましょう。

 

また、ハイドロキノンなどは、少量で高い効果を発揮すると言われています。

 

化粧品に配合される量にも規定があり、国内と国外でもまた基準が異なると言われています。

 

海外から個人輸入をしたハイドロキノンの商品は配合量に十分注意をすることが必要です。

 

乳首に塗布する場合は、配合量が基準を超えているものは使用しないようにしましょう。

 

副作用としては、炎症、赤味、色素沈着の悪化、白班などが挙げられます。

 

中でも、白班については、濃度の高いものを長期間にわたって使用し続けることで、部分的に色素が抜け、必要以上に白くなってしまう現象です。

 

ハイドロキノンの濃度が5%を超えるものについては、乳首への使用は控えるようにしましょう。

 

また、乳首は普段、紫外線に当たることはありませんが、ハイドロキノンを塗布した個所は、紫外線に当ててはいけません。

 

紫外線があたって、元々のメラニン色素が濃くなってしまうという特徴があるのです。

 

このように、ハイドロキノンが配合されているものは、効果が高い分、副作用やリスクも高いと言えます。

 

乳首の黒ずみクリームは、デリケートな肌に対応していますので、できるだけ、専用のものを選ぶと良いでしょう。

乳首をピンク色にする