乳首をピンク色にするクリーム人気ランキング!効果があるのはコレ

乳首をピンク色にするクリーム人気ランキング!効果があるのはコレ

ホスピピュア

ちくびピンク

定価

9,000円

定期コースの値段

5,500円

返金保証

90日

評価

 

▼▼今なら3,500円引▼▼

ちくびピンク

 

 

イビサクリーム

ちくびピンク

定価

7,000円

定期コースの値段

4,970円

返金保証

28日

評価

 

 

▼▼今なら30%オフ▼▼

ちくびピンク

 

 

 

 

ホワイトラグジュアリー

ちくびピンク

定価

9,980円

定期コースの値段

5,980円

返金保証

90日

評価

 

▼▼今なら4,000円引▼▼

ちくびピンク

 

乳首の黒ずみ解消にはメラニン色素とうまく付き合うこと!

乳首が黒くなってしまうのには、生まれつきということを除いて4つの原因があります。

 

それは、摩擦・紫外線・妊娠、出産、授乳・加齢です。

 

その原因によって乳首を黒くしてしまうのがメラニン色素。

 

そのメラニン色素についてと、4つの乳首が黒くなってしまう原因の対処法を紹介していきます。

 

メラニン色素とは?

 

メラニンとは、肌にできるシミやそばかすの原因だという事の方が知られていると思います。

 

しかし、肌に悪影響を及ぼすばかりではありません。このメラニンにより、肌は紫外線から守られています。

 

なので、メラニン色素を全て無くしてしまうというより、うまく付き合っていくという意識でいる必要があるのです。

 

メラニン色素が多く生成される4つの原因

 

摩擦

衣類などの摩擦から体が皮膚を守ろうとする時、メラニン色素を大量に生産してしまいます。

 

なので、衣類(特に下着)は自分のサイズにあったもので、なるべく綿100%などの肌に優しいものを選びましょう。

 

紫外線

乳首は直接紫外線に当たることはほとんどないと思います。

 

ですが、体が紫外線にさらされていると、体内の細胞から脳に、体を守るようメラニン色素の生産を促します。

 

そうすると乳首にもそのメラニン色素が行き渡り黒ずみの原因となるので、日焼け止めはきちんと塗り、サングラスをかけるなどの紫外線対策を行いましょう。

 

妊娠、出産、授乳

ホルモンバランスは乱れ、胸もサイズアップし擦れてしまい、赤ちゃんに頻繁にお乳を吸われるので、特に黒ずみが気になる人が増えます。

 

きちんと妊婦・授乳用のブラジャーをし、乳首にクリームを塗るなどして保湿し、ケアすることが大切です。

 

加齢

新陳代謝がさがり、メラニン要素が蓄積しやすい体になってしまうため、乳首が黒くなります。

 

新陳代謝を上げるために規則正しい生活を心がけ、適度に運動し、ストレスを溜めないよう心がけましょう。

 

また、保湿も大切になります。

 

乳首の黒ずみに効くクリームは?

 

 

乳首の黒ずみには、トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム、スーパーVCT、プラセンタという成分が入っているクリームが効果的です。

 

トラネキサム酸はメラニン色素をブロックする効果があり、グリチルリチン酸ジカリウムは抗炎症・抗アレルギーに優れ、スーパーVCTがメラニン色素の増加と生成を抑え、プラセンタがホルモンバランスを整え肌の状態を良くしてくれます。

 

クリームを選ぶ時は、これらの成分を重視して選ぶと良いでしょう。

 

 

乳首の黒ずみは、努力次第で治ります。諦めてしまう前に少しメラニン色素とうまく付き合っていく方法を意識してみてくださいね。